2007年10月11日

禁煙と便秘の関係

長期にわたってタバコを吸っとる人にとっては、体調の面にも影響があるでっしゃろ。特に生活習慣病やらなんやら気をつけたいことのひとつではおまへんでっしゃろか。タバコを止めることによるむくみや痺れやらなんやらがでるちうことはないのやけどアンタ、喫煙を続けとると同い年のタバコを吸いまへん人と比べて、動脈硬化やらなんやらの危険性は高いといえまんねん。タバコを吸う人は、色々な生活習慣病を発祥するリスクが大きく、便秘やらなんやらがあるようだと糖尿病や心臓、腎臓やらなんやらに病気を持つかもしれまへん。

 禁煙の際に便秘になるちう人もいるようなのやけどアンタ、下痢になる人もいるようや。タバコを止める際には気分転換の意味もあり外を良く歩くことや食事の際にヨーグルトやらなんやらを食したりすることで便秘はもちろん太ることへの対処にもなるんや。便秘を禁煙の姓だと考えすぎて何の対処もせんようやと、なあんもせん状態のほうがかえって状態も悪くなるさかいにもっかい喫煙を行ってもええことはないといえまんねん。タバコを吸う人のようけは、健康状態の不調を禁煙のせいにすることが多いようやけどアンタ、もっかいタバコを吸う理由のひとつとしてしまう人もいるようや。これらのホンマの原因としては、オノレがこれまで長くタバコを吸ってきたことのほうにあるものやろから、禁煙には何の悪い面も持ち合わせまへん。

 便を出すときにタバコを吸ってから出しとった人やらなんやらは、便が出ないときにはタバコを吸いまへんからではおまへんかと考えてしまうこともあると思うんやが、タバコにも多少は原因もあるようで、ニコチンが神経伝達物質であるアセチルコリンのかわりとして働いとったためにニコチンが減ることで便秘になることもあるようやけどアンタ、ちびっとの期間おいたらおさまるでっしゃろ。
posted by 禁煙ゼラチン at 02:11 | TrackBack(0) | 禁煙
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5810502

この記事へのトラックバック